2011年04月27日

41才の春まつり〜トキワ荘めぐり〜

おとといの朝、起きたら相棒がまだいる。
もしかしてクビ?
ウチでは
仕事、クビになったら平日に旅行するというきまりになっている(安くてすいてるから)。
この御時世、どっちに転んでもいいように心の救済措置をとっているんだけど、
相棒いわく、「微妙にプレッシャー」らしい。

聞けばクビではなく休みだという。(ちっ)
平日に二人とも休みだなんてそうそうないぞ。
ウチらだけでGWに予定していた41才の春まつり〜トキワ荘めぐり〜を急遽開催することに。

今は当時の石柱しか残っていないトキワ荘跡。
日本マンガの礎を築いたマンガ家達(手塚治虫・藤子不二雄・石森章太郎・赤塚不二夫など)
がここで暮していた。

110425_1329~01_Ed.JPG

山手線で池袋へ向かうと東の空が鉛色。
バスに乗った途端、横殴りの雨。
だけど南長崎2丁目で降りる頃にはすっかりやんでいました。
110425_1312~01.JPG

トキワ荘の前はニコニコ商店街。
ところどころに古い市場の跡。
「まんが道」や「愛しりそめし頃に」の世界が甦ります。
 「ンマ〜イ!」でおなじみ、松葉のラーメン
110425_1330~01.JPG

あさって4/29(金)10:30から開催される、
記念碑「トキワ荘のヒーローたち」完成2周年
スタンプラリーやトークイベント、
赤塚不二夫が仕事場に借りていた紫雲荘の(たぶん)202号室が特別公開されます。
祝日だからお休みの方はGO !
テラさんオリジナルのチューダー、もちろん売ってますよね?110425_1316~01.JPG
こちらが紫雲荘。
近くにあった鶴の湯がなくなった今、
住人はどうやって風呂なしアパートでしのいでるのでしょうか。

110425_1413~01_Ed.JPG


トキワ荘の記念碑がある南長崎3丁目公園。
大きなケヤキを目指しながら公園に向かうと、樹齢300年の巨木は個人宅(お屋敷)の庭にありました。
アド街ック天国の「東長崎」特集で、No.3 に輝いた○崎邸です(個人宅なので削除されてました^^;)。
日本家屋の立派な門構えからお庭をのぞくと、

ふぁんふぉんふぁんふぉんふぁんふぉん〜

パナソニックのインターホンがお庭中に鳴り響いてるじゃありませんか!

「逃げろっ!! ドーベルマンに襲われるぞ!!」

・・・と叫びながら、ピンポンしてないのにダッシュで帰りました。


41才の春まつり終了〜
タグ:トキワ荘
posted by 亀有夕子 at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | まんが道・トキワ荘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

バースデームーンによせて

バースデームーン―月を見ると、こころが綺麗になる 月が教えてくれる、あなたの過去・現在、そして未来 (マーブルブックス) [単行本] / 蓮見 天翔, 88d (著); マーブルトロン (刊)

昨日はアリオのキディランド(書店)へ。
「ここならあるだろう」とのぞいてみれば、知人の本がラスト2冊。
震災の影響で1ヶ月ほど発売日が遅れたそうで、4月22日発売なのにラスト2冊。
(キディランドさん、引き出しのストックから補充しといてね〜)

本当は「友人」と称してもいいくらい長いつきあいなのに、
どうも気恥ずかしくてブログでは「知人」としています。
もし「友人」ならもっと私は彼女の前で客観的に自分を語るだろうし、
もっとセーブしてふるまうと思うんですよ。
だけどセッションでの私は毎回包み隠さず話していて、
時には彼女という存在を無視して話すこともあり、
それなのに「友人」だなんて呼ぶ資格はないわ、と勝手に控えてた感じです。

振り返ってみると知人の前では、
「どう思われてもいいから好きなように語らせてほしい」という気持ちが強くありました。
また、そうさせてくれたのは知人だけでした。
カウンセリングを受けて客観的に自分を語ると、
「あなたはまともだから」といってカウンセラーが個人的に近づこうとします。
たぶんまともじゃない人をたくさん見すぎて、冷静に話すクライアントがいると、
対等に向き合える気楽さから、カウンセラーの領域を超えてしまいたくなるんだと思います。
私も訪問介護の仕事をしていて、そういう気持ちになる時があります。
だけど「それがトラブルのもとだ」ということも知っています。

相手が男性でも女性でも、所長や理事長を務めるようなカウンセラーでも同じでした。
私が話せは話すほど、カウンセラーじゃなくなってしまう。
カウンセリングは自由に自分を語れる場なのに、
その枠を外されたら私はますます普段の反応しかできなくなります。
自分の気持ちを包み隠して、相手を不快にさせない反応しかできなくなるのです。
そんな状態でカウンセリングしても私自身の問題の核心に到達できません。
カウンセリングの枠を外された時点で、
個人的にも、クライアントとしても、話そうとは思えなくなるのです。

普段職場では思うように言えないことばかりで、
言いたいことを言われてばかりで、
そういう自分を解放する唯一の場所が代官山のセッションでした。
私には心のうちを語る相手がどこにもいなかったし、
語ったところで共鳴しあえる人もいなかったから、
(一人いたけどなかなか接点が取れなかった)
代官山のセッションは「とにかく話せたらいい」と割り切って、
それ以上にもそれ以下にもならないようにしていたような気がします。

男の人なら居酒屋やキャバクラで発散できるかもしれないけど、
そういう場で私は虚しくなるタイプなんですね。
上澄み液だけすくいとったような宴会で、楽しめるタイプじゃないんです。
一人暮しの時はよくひとりカラオケしてましたが、
話せる相手がいる状態≠ノなってからはプッツリと行かなくなりました。
もうカラオケで高いキーは出せないだろうけど、それでも今のほうがいいです。

そんな安堵感を知らずに仕事ばかり追いかけてると、いつか崩壊してしまいます。
誰にも頼らず迷惑かけずに貯金する≠ニいう心構えも心の安定になりえるけど、
そればかりを基本にすると余裕がなくなります。
遊び心がなくなります。
遊び心のない生活は窮屈で人間らしくありません。
人間らしくない心は自然と共鳴することができなくなります。
月をみても、星をみても、海をみても、山をみても、
「そこにあるもの」という扱いしかできなくなります。

バースデームーンを知ることは「心のうちを充足させること」でもあります。
「変化することを前提に暮らす心構え」でもあります。
社会は太陽暦で動いてるけど、自分のリズム(周期)を知っていると暮しやすくなりますよ、という本です。

posted by 亀有夕子 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

赤井英和にみられる獅子座的ドラマチック


獅子座生まれ(または獅子座の要素が強い人)はお山の大将になりやすく、
あまり好きじゃないんだけど、赤井英和はベツ。
この人はいい意味で獅子座だなぁ〜と思う。
こんなふうに華のある人は、スポットライトを浴びて輝くべき。
トレーナーや裏方にまわるよりも、自分自身で光り輝くほうがいい。

赤井英和といえばボクシング。(※「なにわのロッキー」と呼ばれた元ボクサー)
ボクシングといえば、「あしたのジョー」
“ マンガ好き ”の私の兄貴が、“ 映画好き ”にシフトしたのは1980年。
兄貴の部屋から毎日のように流れていた、
映画「あしたのジョー」の主題歌、「美しき狼たち」

こちらをクリック

♪ 男なら闘うときが来る
 誇りを守るために 命を賭けて


このフレーズがカッコよくて、意味もわからず聞き惚れていました。
ボクシングする人の闘争心は私にとって別世界。
打ちのめされても立ち上がろうとする姿がカッコいい。

現役時代の赤井英和は普通に男前。
大阪にいそうな、ケンカっぱやい兄ちゃんの顔つき。
二度とボクシングができなくなり、どん底のインタビューでも、リングを見つめる眼差しは真剣。
もうカメラの前でカッコつける気などサラサラなくて、「ボクシングがしたい」とつぶやく。
ただひたすらに、「リングに上がりたい」。
「もう一度やりたい」。
だけどドクターストップ。
その悔しさから這い上がってるところがカッコいい。
自分の軸がすっかり折れているのに、哀れみを感じさせないところが、誇り高き獅子。

軸が折れて生まれ変わった人は、突き抜けるような強さが出てくるから、今はボクサー時代とは違った意味で、味のあるカッコよさ。
生まれも育ちも隠さずに、豪快にオープンで、猿真似じゃなく、素で堂々としてるから、よりカッコいい。

ネットで検索すると、おもしろいエピソードが。
赤井英和が奥さんの誕生日に「二人でデートしよう」と誘い出し、
屋形船に連れていくと、子ども達や友達が先回りしてサプライズ・パーティ。

こんなサプライズされるなんて、奥さん愛されてるわ〜!!
いかにも派手な獅子座的ドラマチックだけど、こーゆー演出は嬉しいぞ。
私は大勢に囲まれて祝福されるのは苦手だけど、
こーゆー華やかさならバラの花束でお姫様扱いされるより嬉しいぞ。
この場合、「屋形船」でポイントアップね黒ハート

<おまけ>
↓ 中3の卒業文集とは思えない、赤井英和と愉快な仲間たち(^^;↓


あだ名の付け方がいかにも中坊男子・・・(笑)
女の人はネーミングの意味がわからない(笑えない)かも。
獅子座はエンターテイナー(お笑い)でもあるから、周りの人たちを愉快にさせます。
タグ:赤井英和
posted by 亀有夕子 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

北の菓子「菓風」のオムレット

昨日の朝、佐川急便のお兄さんが届けてくれたのは、北の菓子「菓風」のオムレット。
これ、食べたかったんだっ!!

110413_2311~01_Ed.JPG


楽天からのダイレクトメールは即行・削除の対象ですが、
菓風はめずらしくメルマガ登録していたお店。
最初に見たサブジェクトが、興味をそそる内容だったから。
(楽天のコスメショップ黄土倶楽部も同様で、
沖洲店長の「生まれてくれてありがとう」のダイレクトメールからメルマガ登録しました)

そこには、
家業を素直に受け継いだのではなく、
一度外へ飛びだして、
そこから父の味を受け継ぐべく、
試行錯誤してオリジナル菓子を開発してきたとかなんとか書いてありました。
しょっぱなから好印象で、機会があれば買うつもりでいた菓風のお菓子。
それが友達から送られてきた!!

【送料無料・ネット限定販売】ふわふわオムレット♪「ニコニコ12個(6種類)お試しセット」た〜っぷり6種類12個全部お召し上がり下さい!送料無料【送料無料_0927】【2010_野球_sale】【smtb-td】

菓風のオムレットは、生地もクリームもふわふわ。
「アットホーム」がテーマなだけあって、ほんのりとした甘さ。
全然くどくない。

私はコーヒーがダメで、ティラミスもあまり好きじゃないんだけど、ここのティラミス・オムレットは大丈夫。
濃厚な味じゃないから。
これは子どもからお年寄りまで愛される味です。
予想どおりのおいしさで、どうもありがとね〜〜〜〜〜〜わーい(嬉しい顔)
posted by 亀有夕子 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | いろんなお店・いろんな商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

桜の帰り道


去年、夜勤明けに歩いて帰った時の画像。
曳舟川親水公園は桜のトンネル。
年に一度のお花見しながら、ずっとてくてく。
あいにくのお天気で人影も少なくて。
雨で散ってしまう前に、盛観な桜を静かに鑑賞。
100407_1248~01.JPG
今にも降りそうな雲と、
今にも散りそうな桜と。
霧雨がいきおいづく頃、お花茶屋のカラオケBOXで雨宿り。
それでも激しくなる雨に、タウンバスで亀有へ。
これも春の一日。
100407_1251~01_Ed.JPG
posted by 亀有夕子 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛飾紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする