2011年12月31日

年越し亀有

毎年、年の瀬になると亀有駅前(北口)で販売されるしめ縄
今年は両さん像に立派なしめ縄が。
111227_1303~01.JPG

南口のゆうろーどから一本入った路地にあるこのお店。
しょっちゅう店じまいセールをしていて、(^^;今回は「年末完全閉店セール」
カーペットとかオーダーカーテンとか。
よくみたら、改装するための一時閉店みたい。
111227_1327~01_Ed.JPG

この通りの先にはかつてスーパージャパン(ジャパンホームバリュー)があり、夜遅くまで賑わっていました。
深夜12:00まで営業している亀有のスーパーは、
北口のクサマ、南口のジャパンというふうに使い分けができていたのですが、
2007年3月末にジャパンが閉店した時は「リニューアルのため」と店頭に書いてありました。
けれどいつのまにかその跡地にマンションが建ち、現在に至ります。
マンションが建設されても当時の賑わいは戻りませんでした。
アリオ亀有の登場で経営が厳しくなって、ジャパンはリニューアルできなくなったのかなぁ〜と調べてみたら、
2009年3月には倒産していたんですね・・・。
こちらをクリック

東京靴流通センターの並びにあったマツキヨも、人通りが激減して撤退した店舗。
実は私、ここのマツキヨの某店員(関○弘美さん)のファンでした。
関○さんは、
「いらっしゃいまっせーえ〜〜〜〜〜〜〜と、
なぜかえ〜〜〜〜〜〜〜〜の部分で1オクターブあげてしまう店員さんで、
私は毎回吹き出しそうになるのをこらえてました。
これをシェアしたくて相棒をマツキヨに誘い込んだら、
案の定ダッシュで店先へ飛び出し、大笑い。(^^;
関○さん「いらっしゃいまっせーえ〜〜〜〜〜〜〜にあやかろうと?
用もないのに何度も二人で店に入ったものです(笑)。
111227_1330~01_Ed.JPG

こちらはゆうろーどいか焼屋さん。
豚キムチ焼やピザ焼などメニュー開発されており、ガンバッテますね。(^^)
誰かがお店で注文すると、つられて他の通行人も足を止めていました。
111227_1339~01_Ed.JPG


大晦日は毎年アリオの「ポムズファーム」オムライスを食べていたのですが、
ジャンボオムライスは食べても食べてもケチャップで飽きてしまいます。
(玉ねぎとかマッシュルームとか、具だくさんのケチャップライスなら飽きないんだけど)
そういうわけで今年はにんにく屋にしました。
食パン1斤分のハニートーストが食べたくて。
111231_1925~01.JPG

実は私、横浜関内店の「パセラ」ハニトーを3回も挫折してます。(一人で食パン1斤分は多すぎる!!)
7年振りに挑戦したハニートーストでしたが、二人なら平気でした。手(チョキ)
来年はアリオの沖縄地料理店「うるま」にしようかな ♪

それではみなさん、よいお年を。

posted by 亀有夕子 at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 亀有紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

松本タカ「ナニワのコッチー」と福本さん

ナニワのコッチー 1 (ヤングチャンピオンコミックス) [コミック] / 松本 タカ (著); 秋田書店 (刊)

昨日亀有のBOOKOFFで相棒が立ち読みしていたマンガ、
「ナニワのコッチー」(全2巻)。
通天閣を舞台にくりひろげられるラブコメディ・・・でいいのかな・・・。(^^;
ヒロインの女の子があまりにも暴力的で(笑)、
ラブコメというには生ぬるい気がするのですが、
テンポのいいお笑いが随所にちりばめられており、かなり面白くて買ってしまいました。
(なんせ主人公のあだ名「コッチー」の由来が、「ツチノコみたいな○ンコしてるから」!!!!(笑)

「大阪在住の方以外のための作中ローカルネタ解説」のページには、
「福本さん」(実在の人物)の説明文が笑えました。
「阪神OBでも何でもないのに阪神ファンの間ではカリスマ的人気のサンテレビの(野球)解説者
とありますが、その理由はこの名(迷)言の数々!!
ごめん、見てなかった
(0が並ぶスコアを見て)タコ焼きみたいやなぁ
(延長戦に入ったら)アカンで、電車無くなるで

熱狂的なファンじゃなくてもおもしろかったら受け入れられるという、大阪独特のノリですわ。(笑)




「福本さん」
に興味を持ち、相棒に聞いてみたら、
「阪急の盗塁王で世界新記録達成の持ち主」だとか。(゚д゚;)
国民栄誉賞を打診されるも、
「そんなんもろたら立ちションもでけへんようになる」と辞退。(wikipedia「プロ入り後」参照)
「外国へ留学するならまず大阪へいけ」とはうまくいったものです。
価値観がぶっとんでますね。
国民栄誉賞より立ちションが優先するんですよ!?(笑)

おまけに「福本さん」奥さんもかなりの天然で(^^;、
自分の夫がプロ野球選手と知らず
「松下から阪急へ転職した」と知らされて駅員になったと思い込み、各駅で夫の姿を探し回っていたそうな。(゚д゚;;)→(wikipedia「プロ入り前」参照)
野球選手の奥さんというだけでセレブ気分のモデルさんもいるのに、
(まったく違う意味で)こんな勘違いができるなんて素敵すぎるっ!!(笑)

「もともとおもろい人が、たまたま野球選手になったって感じやな」と相棒はいいます。
私は、野球選手になってもそのおもろさ≠失わないでいられるところが凄い!と思います。
それにしても「ナニワのコッチー」からエエ拾いモノをした!!
(かくいう私も、福本さんの現役時代に大阪で住んでいたのに、「盗塁王」とか全然知らなかった!!)

続きを読む
posted by 亀有夕子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

親父文化が消える町




亀有駅前(北口)の一等地にある空き店舗(元釣具店)。
木彫り作品のテナントが入ってた時もあったけど、来月からパン屋さんがオープンするみたい。
111225_1334~01.JPG

亀有駅前の神戸屋パンもリリオのリトルマーメイドも、今年閉店したばかり。
今、駅近のパン屋さんはアルカードのポンパドールくらいじゃないかな?
パン屋さん、上等!!

111225_1335~01_Ed.JPG


そこからすぐ近くの角地で解体作業。
111225_1344~01_Ed.JPG

ここにはかつて、亀有の老舗風俗店「A-CLASS」がありました。
今年に入ってBar になり、「亀有でナイト」→「Galaxy 」と店名が変わりましたが、ついに解体作業。
この角地の並びにある有名な立ち飲み屋「江戸っ子」は今も健在。
この角地の向かいにあったTatoo 屋さんは、いつのまにかなくなってました。
ちょいワル親父?の町角が、健全な駅前になりつつあります。

posted by 亀有夕子 at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 亀有紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

音楽で伝えること・伝わること


仲間由紀恵主演ドラマ「東京湾景」(2004年)の主題歌、「君さえいれば」


このドラマはみてました。
なぜかというと、
「ヒロイン設定が在日韓国人の月9ドラマ」は、歴史の変化を感じさせる出来事だったので。
これもヨン様ブームの便乗効果でしょうか。
ほんの20年前なら考えられなかったことです。

仲間由紀恵の相手役・和田聰宏(わだそうこう)も正統派のイケメンじゃなく、
大沢たかおとオダギリジョーをたして2で割ったような人でちょうどよかったです。
(視聴者として見ると当時の大沢たかおは好青年で、
 オダギリジョーはヤバすぎるほど個性派だから、
 たして2で割るくらいのキャラでほどよいアウトロー感が出ていたと思います)
だけどストーリーは覚えてません。 どうしてだろ?
あんまり感動しなかったのかな?
十代みたいにスポンジ状態で吸収する年齢じゃなかったし。(^^;

スポンジじゃなくなった私が今みると、
和田聰宏が仲間由紀恵の頬にキスするシーンはウソっぽい。
こんなアウトローな、ロックしそうな男の人が、
少女漫画みたいにキスするかしら!?
こんなん見たら、おばちゃんテレてまうわ。(^^;

主題歌がまた耳馴染みのいいメロディーラインでした。
すぐ華原朋美がカヴァーしていて、「さもありなん」な歌詞でした。



本人(華原)の傷が癒えてない時に、
あまりにもドンピシャな歌をうたわせるのはどうかなぁ。
そりゃ歌う側にとっても感情移入しやすいし、話題にもなりやすいです。
だけど楽曲を提供するだけで、
その曲を「いかに歌うか」といった周囲からのアドバイスもなく、
「華原が歌えばピッタリだろう」という主観的なプッシュと、
歌い手側の個人の思いで歌っているような印象を受けます。

歌い手が客観的な視点を持って前向きな気持ちを織り込まないと、ただの失意のたれ流しになってしまいます。
失意のたれ流しだと、(中森明菜みたいに)悲愴感が漂って痛々しい。

逆に松田聖子(作詞)の「明るい未来にしようね、Positiveに!」のように、
とにかく前向き一色で作られた曲は、
必死のカラ元気で鼓舞してるみたいで(私は)明るい気分にはなれません。
「失意の中の希望」とか、
「前向きの中の悲哀」とか、
隠し味程度に添えるだけで伝えたいメッセージに深みがでてくると思います。


今年の紅白では福島県出身の西田敏行が「あの街に生まれて」 を歌うそうです。
失われた故郷を口ずさむ時に、
ただ「悲しい」とか「悔しい」という気持ちだけでステージに立たないと思うのです。
たとえ「さもありなん」な演出であっても、それを超えるくらいの気持ちがないと歌いきれない。
そうやって歌われた曲は憐れみを誘わないし、悲愴感はありません。
感動することはあっても。

華原朋美の場合はデビュー当時から「小室哲哉の恋人」であることを話題にしてきたし、
「小室哲哉大好き娘」を積極的に歌ってきた経緯があり、
今更感情移入しやすい曲を提供されても抵抗感はないのかもしれませんが、
ひねくれ者の私なら、
女心をプロパガンダとして利用されてるみたいで、このような売り出し方には不快感を持ちます。

それでも「あなたがいれば」はいい曲。
ゲストハウスに住んでいた頃、韓国からきた留学生と皆でカラオケに行ったら、
流暢な日本語でJ-pop ( L'Arc〜en〜Ciel の 「HONEY(ハニー) 」 ) を歌っていました。
私は韓国語がわからないので、かわりに日本語カヴァーの「あなたがいれば」を歌いました。
他のメンバーは「誰の曲?」と不思議そうでしたが、
朴さん(仮名)は「知ってる」といって黙って聞いてました。
彼は音楽やドラマをつうじて日本の文化を学ぶために来日してきた留学生でした。
つくづく時代は変わってきたなと思いました。

posted by 亀有夕子 at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | レビュー(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

まにうけてはいけないテレフォンショッピング(笑)


あちらこちらで既出ネタかと思われますが、もうコレ、大好きなんです。
くだらなくて!!(笑)
ファッションからしてバブル期の90年代かな?
商品紹介のお姉さんがおっかしい!!
肝心なツッコミを完全スルーしてるっ!!(笑)

なにこれ、ひょうきんテレビショッピングよりおもしろい!


💠今が何世紀かわかる「世紀めくり」
 100年に1回めくる「女世紀めくり」、いらねー!!

💠インスタント「沼」
 今、なにゆえに「沼」ブーム!?
 そういえば最近、溝掃除するとこみないなぁ。

💠「シャコバン」 
 子どもが血まみれで帰ってきたら、まず事件でしょ・・・(^^;
 「シャコ」って関西ではよく食べるけど、関東はどうなんだろ?
 それよりも、「原始人の匂い」ってどんな!? 気になる!!(^^;;

💠リバーシブル喪服「地蜘蛛」
 お葬式の帰りに海に落ちる人って・・・
 「あとは助けを待つだけ!」って・・・(^^;

💠「ハイテクお盆」
 茄子や胡瓜を足で踏むなぁ〜〜〜〜〜!!!!!
 水陸両用の胡瓜あんまん修正液も使えねぇ〜〜〜〜〜っ!!!!!(笑)

💠「はさまった人」
 なにがっ!?

💠「小足ちゃん」
 どんなに美人でどんなにイイ女でも、
 足が大きい≠ニいうだけで冷めてしまう男性がいるそうです。(本当)
 足が小さくても足幅が広くて足の甲が高いのはダメ?

💠「ジュラケース」
 コンビニ袋のクシュ音はどうでもいいから、
 「ねぎ入れ」はちょっとほしいかも(笑)。

こういう企画って、頭が柔らかくないと制作できないと思う。
大のオトナがより集まって、なにやってんだか!!( ̄w ̄) ぷっ
posted by 亀有夕子 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | おもろいなぁ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。