2012年03月31日

あずみと竜馬


長年購読してきたスペリオールですが、最近はパッとしません。
「匠三代」(倉科遼/佐藤智一)がスタートした時は、
「おっ! 建築関係の漫画なんて新しい!
 しかも絵がうまくてオリジナリティがある!」

と食いついて読んだものですが、
サイバラさんの「画力対決」は、最近私の知らない漫画家ばかりでイマイチ笑えません。
絵はさすがにうまいけど、もんでんあきこの「雪人YUKITO」はどこか女性的。
男性キャラの描き分けは見事ですが、ハードボイルドになりきれなくて、殴り合いのシーンは迫力に欠けます。

そんなこんなで、ここ1ヶ月は購入しなかったスペリオール
だけど今週の「AZUMI」(小山ゆう)を読んで再購入。
これはおもしろい展開になりましたね。
あずみ竜馬に恋をした!?

120331_1226~01.JPG

第1章でも「あずみ」(全48巻)には、2度ほど男性に恋心を寄せる場面があります。
一度目は相手が弱気になって、あずみからの誘いを断り、その後で討ち死に。
二度目はあずみが、女としての人生を選ぶか、このまま刺客の人生を生きるかで葛藤します。
いずれもあずみのほうが男前すぎて、どの男性も恋仲まで至りませんでした。

しかし、しかしですよ。
今度はあの坂本竜馬です。
小山ゆうの代表作でもある、「お〜い!竜馬」(原作/武田鉄矢)坂本竜馬です。
これはおもしろい絡みになりましたねぇ。
精鋭の刺客であるあずみが、剣の達人の竜馬に恋をした!!

120331_1227~01.JPG

あずみ竜馬も、幼少の頃はそれほどでもなかった剣の腕。
腕を磨けば磨くほど、本来の天真爛漫な性格に影をさす。
共に追われる立場で、多くの仲間を失っている。
生き残れば生き残るほど、達人であるが故の孤独を背負って。

これまで男にうつつを抜かす暇もなかったあずみ
竜馬に今度は本気になりそうな展開。
竜馬の妻おりょうは、「AZUMI」でどんな動きをしてくれるのでしょうか。
おもしろすぎて買っちゃいますよ、スペリオール!!


posted by 亀有夕子 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

デトックス散歩〜日本橋からアメ横へ〜

日本橋の三越で、「安部朱美 創作人形展 昭和の家族〜きずな〜」をみてきました。
午前中だというのに、会場はすぐ満員。
安部朱美さんの出世作「かあちゃんよんで」の前では、特に人だかりがすごかったです。

↓ こちらは仙台で開催された安部朱美創作人形展 ↓

赤ちゃんにおっぱいをあげながら、他の子ども達に絵本を読み聞かせる「かあちゃんよんで」
熟女好きの相棒が鼻血だしそうなくらい(笑)、「人妻」の色香漂う人形でした。
それなのに、人形の前を通り過ぎていく相棒。(無理しちゃって!)

同フロアで、ジミー大西の作品展示・即売会も行われていました。
ああいうの見ると金銭感覚がわからなくなってしまいます。
ジミーちゃんの絵が100万円でどんどん売れていくわけですよ。
面白い絵だと思うけど、私には100万円の価値が理解できない・・・。
120325_1220~01_Ed.JPG

あまりにも自分の感覚とかけ離れているせいか、
日本橋の三越ではいつも磁場が歪んでるような状態になります。(調子がくるう!)
相棒も同じみたいで、その後は地下鉄に乗って上野広小路駅へ。
御徒町のアメ横でデトックス?してきました。


120325_1327~01_Ed.JPG

一度いってみたかった、東京チカラめし・御徒町2号店
爆食系のお店ですべて大食いサイズかと思いきや、レギュラーサイズ(280円〜/1杯)もありました。
これはウケるはずです。
「煮込む」牛丼じゃなくて「焼いた」牛丼は香ばしさがちがう!!
「さすがにここは、女の人ひとりで入りにくいやろう」とエスコート?する相棒に、
「全然」と答えるミもフタもない私。
夕子様を舐めないでいただきたい。
120325_1313~01.JPG
東京チカラめしのすぐ近くにあった、玩具卸売のお店。
今をときめくソフトバンクのお父さん、マツコデラックス、AKBの前田敦子など。


120325_1314~01.JPG

こちらは相棒が心酔している、「犬神家の一族」の佐清(すけきよ)様でございます。
あの映画を見て以来、相棒の尊敬する人物はただ一人。
佐清の、「泥を被ってまで母親を助けようとする姿」に心打たれたそうです。
(かなりのドM 気質かと思われます)


120325_1338~01_Ed.JPG
上野公園入口の桜は、毎年咲くのが早いですね。
この日も5分咲きくらいで、開花率はダントツでした。
桜の花は誰が見てもきれい。
誰が見ても価値がある。
それでいてプライスレス。
やっと自分の感覚を取り戻したところで、上野駅から亀有駅へ帰りました。

posted by 亀有夕子 at 00:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内・近辺・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

味噌牛ジャガ麺@亀有どさん子


やっと食してきました、札幌ラーメンどさん子亀有南口店。
今月の限定麺は味噌牛ジャガ麺。
こちらをクリック

120325_1816~01_Ed.JPG


付け合せの野菜からして、牛ステーキを食べてるよう。
なかなか面白い味でした。
スープを飲んでみて思い出したのは、横浜カリーのアルペン・ジロー。
あそこのカレーも一味変わった仕上がりですが、それと似てるなぁと。
こちらをクリック

カレーなんだけど従来のカレーじゃない、
ラーメンなんだけど既存のラーメンじゃない、そんなスープでした。

続きを読む
posted by 亀有夕子 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

エゴイスト


学生時代にめっちゃイヤな先輩がいた。
いつも私を皮肉ったり、私の服装にケチつけたり、
貸したお金は返さないし、とにかくイヤな先輩だった。
だけどその先輩の奥さんが私をかわいがってくれて、上京してからもしばらくは交流していた。
あまりにも口が悪くて腹立つ先輩だから、東京土産にシャネルのエゴイストをプレゼントしてやった。

エゴイスト[CHANEL]オードゥトワレットスプレー50ml[シャネル] 【送料無料祭!(税別\2500以上)&最大P6倍!】あす楽対応【HLS_DU】【送料無料】【楽天最安値に挑戦】【楽ギフ_包装選択】香水 メンズ

奥さんは大ウケ。
先輩は苦味をつぶしたような顔。
エゴイストはクセのある香りだった。

posted by 亀有夕子 at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | いろんなお店・いろんな商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

ヤス 〜ハチムシ編〜


 両親はスポーツ万能なのに、誰に似たのか私は運痴です。
 小学生の頃からボール遊びではいつもやられてばかりでした。
 そんな私がめずらしく、飛び交うボールをよけ続けたことがあります。

 たしか小学5年生の時。
 休憩時間にクラス対抗で「ハチムシ」というボール遊びをしていました。
 敵は強い者から倒していきます。
 次々と退場するクラスメイト。
 いつもなら真先にアウトになるのは動きの鈍い人なのに、何故か私ひとりが残ってしまいました。

 クラスメイトは私に最後の望みをかけます。
 私があと1週走れば全員復活できるからです。
 だけど四面楚歌。
 陣の外ではボールを投げ合い、私を挑発しています。
 そう簡単に走り出せません。

 チャンスをうかがっていると、運良くエラーして転がり出すボール。
 ここぞとばかりに全力疾走する私を、真正面から投げつけた男の子がいました。
 それがヤスでした。

 目をひんむいて、渾身の力を込めて。
 2メートル程の至近距離から投げられたボールは、容赦なく私の顔面を直撃。
 呆然とする周囲。
 うずくまる私。
 したたる鼻血。

 「誰か保健委員は!?」

 せっかくの呼びかけも虚しくこだまするだけ。
 保健委員は、鼻血をだしてうずくまっている私だったのです。

 「夕子さんやで」

 手出しできない状態がさらなる沈黙を招き、皆の動きを止めてしまいました。
 しかたなく私は一人で保健室へと歩いていったのでした・・・。
 

 翌朝登校すると、ヤスが私の家の前を歩いていました。
 私の近所に住む「子分」を迎えにいくそぶりでしたが、ヤスは「番長」です。
 「番長」みずから「子分」のほうへ、しかも学校とは逆方向なのに、わざわざ出向くはずがありません。
 私を見るなり、気まずそうに声をかけてきたヤス。

 「昨日・・・ゴメンな」

 「ええよええよ、気にせんとって」

 それだけのやりとりでしたが、なんだかとても晴れやかな気分でした。
 鼻血は痛かったけど、ま・いっか!って感じです。
 ああいうところがあるから憎めないんでしょうね。
 ケンカでは負け知らずの番長が、そんなこと気にするなんて。

posted by 亀有夕子 at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 思へばあの頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする