2010年01月15日

良心で責めないで

ryosin1.jpg


バスで夜道を走っていたら
反対車線からあわてて駆けてくるおばあさん
バス停まで間に合わないかも

発車しようとしたら
わめき声でバスをとめるおばあさん
必死の形相
聾唖の人だとすぐわかった

やっとの思いで乗車して
おばあさんは荷物を置いて
つっ立ったまま探し物
いつもなら
「発車します お掴まりください」のアナウンス

聾唖の人だから
聞こえないから
運転手は黙っていた

隣で見ていた私が声をかける
「座ってください」
おばあさんは手提げ袋からパスケースを取り出した
(まだこれを見せてないんです)
そのパスケースを掴み取って私が運転手に提示した
「これでいいですか?」
動き出すバス
席につくおばあさん

私は早く帰りたかっただけ
なかなか座らないおばあさんに
動き出さないバスに
イラついたからそうしただけ
礼をいわれる筋合いはない


そんなに頭を下げないで


途中下車するバス停で
もう一度頭を下げて降りていった
駆けつけた時とまるで違う
仏様の笑顔で

ちがうのよ
私は善意でやったわけじゃないのよ


ryosin2.jpg


同じようなことがあった
「この施設からでたい」と騒ぐ利用者
あなたが望むパラダイスなんてこの世にあるはずがない
勝手に出ていけばいい
私だってうるさい人はたくさんだ

私はそう思っているのよ
あなたのことウンザリだと思っているの
今までだって何度もそう思った
さっきまであなたの悪口を言っていたのよ

それなのに
注意する私に
「夕子さんの考えてることはよくわかよ」
なんて言わないで

お天気みたいに機嫌が変わるくせに
人の都合なんか考えてないくせに
そんなこと言わないで

posted by 亀有夕子 at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害者関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよう御座いますm(_ _)m。

こちらの意図とは無関係に
人は感謝の意を表しますからね(*^^)。
聾唖の人なら、それは喜ぶと思います♪。

施設の人も、その世界しかありませんからね。
出たいと言っても怒られたとしても
結局は今、自分から見える人が全てになるので^^。
Posted by 【Dr】 at 2010年01月15日 05:49

本当にうんざりだと思えたら
自分の立場や都合なんて関係なく立ち去ることもできるのに
それができない時って消化不良ですよね。
Posted by 亀有夕子 at 2010年01月15日 09:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック