2012年08月14日

スーザン・ケイン 「内向的な人が秘めている力」


さっきお風呂から上がったら、NHKで興味深い番組が。
おもしろくて最後までみてしまいました。
スーザン・ケイン 「内向的な人が秘めている力」
こちらをクリック


まず、「内気」「内向的」はベツモノなのだそうです。
内気とは、「社会に判断されることへのおそれ」
内向的とは、「社会的なものも含めて刺激に対してどう反応するか?」ということ。

そして、「内向的」の間逆にいるのは外向的な人たち。
外向的な人「多くの刺激を強く求める」のに対し、
内向的な人「静かで目立たない環境にいるほうがやる気になり、生き生きとして能力を発揮」するそうです。

「強い外的刺激を求めないのが内向的な人」ならば、まさしく私はそうでしょうね。
たとえば積極的に人と会うと、ものすごく刺激を受けてしまって、それを消化するのに時間がかかります。
いい刺激であれば、ゆっくりと自分の中に取り入れていきます。
「何度も反芻している」といいましょうか。

悪い刺激を受けてもそうです。
「今日はイヤな人と会った」と思う時は、すぐ帰宅しないで寄り道することもあります。
いくつものフィルターを通して、影響を受けないようにしてるのかもしれません。

ですから、頻繁に交流の場を設けると、消化不良を起こすんでしょうね。
ひどく疲れてしまいます。
私にとって、しょっちゅう外部と接触することは、飲み込むように食事してるのと同じ。
胃もたれしてしまうので、人と会うことさえ最少限に控えています。
仕事の時はいくらか自分を作っていますが、プライベートではそんなふうに過ごすのが一番低燃費。


私自身がこうですから、無口な自閉症(軽度)の人には親近感を持ちます。
健常者が思うよりずっと、彼らはダイレクトに刺激を受けてるんでしょうね。
だからパニックになりやすいのかな?

自閉症の人内向的な人の特徴と似ているところがあります。
静かな環境でその能力を発揮します。
先月はテレビで、自閉症の天才ピアニストが紹介されていました。
その人に限らず、卓越した能力を持つ自閉症の人は普通にいます。
10年前のカレンダーを記憶していたり、
「来年の○月○日は何曜日?」といきなり質問しても、百発百中の正解率。

内向的であっても外向的にふるまって、バリバリ仕事をこなしている人はたくさんいます。
だけど私は、内向的なままで暮らせることも、ひとつの贅沢だと思っています。
そしてその環境は、与えられるよりも自ら掴み取るのが一番。
自分にとってジャストフィットな環境を他者が用意できるとは限りませんから。

スーザン・ケインのトークで最も興味深かったのは、この言葉。

「 集団の中にいると、周りの人に影響を受ける。
 グループは、カリスマ的な意見に従ってしまう。
 話し方のうまさとアイデアの良さは関係ないのに。」


話し方がうまくても、中身のないバラエティ番組ならいくらでもありますもんね。



posted by 亀有夕子 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。