2012年05月18日

両国・国技館で相撲をみてきました


この間の日曜日は両国の国技館デビュー!
亀有から電車で40分!
「デブ見に行こう!」と相棒を誘い(^^;、お相撲さんを見てきました。
(↑「下世話な言い方するんじゃありません!」と相棒におこられた)

120511_1243~0001_Ed.JPG


両国駅構内にはお相撲さんの肖像画(っていうのかな?)。
ひとえまぶたの和風の顔立ち!
こういう醤油顔の人、少なくなりましたね。

120513_1415~02.JPG

中に入ると和風のカウンターがいくつもあって、土産袋?をわたす人達がスタンバイ。
着物姿がいなせ。
「あれ、何するところ?」
相棒にたずねて説明してもらったけど、忘れてしまった。(>_< )

ぷぃっ!
120513_1604~02_Ed_Ed.JPG


2階席へ向かうエスカレーターの手すり部分。
何から何まで和風。

120513_1425~01.JPG


取組表を見ながら相棒が、
「白鵬の懸賞取組に高須クリニックが3口だしてる」
なにそれ?
目をとおせば「イエス!イエス!高須クリニック」3回書かれていました。

「白鵬が土俵入りする時にアナウンサーの人が3回復唱すると思ったら、胸が高鳴るねっ!」

相棒が何を楽しみにしてるのかサッパリわからなかったけど、
白鵬の出番になるとアナウンサーが、
「イエス!イエス!高須クリニック」と真面目にくりかえしていて、私も笑ってしまった。
高須の克っちゃん、お茶目すぎる!(笑)
サイバラさんのブログみたら、ちゃっかり特等席で写ってるし!
こちらをクリック
↑※まるで知り合いのように書いてますが、高須先生とは一切面識ありません。(^^;

120513_1520~01.JPG

この日は白鵬が負けて、舞い上がる座布団。
取り直しがあったり、座布団が舞ったりするのはあまりないことらしい。
今週末は千秋楽。
どうなるかな、白鵬。
ナマで見たお相撲さんは恰幅がよくて、堂々としていて、カッコよかった。
デブっていってごめんなさい。(^^;
続きを読む
posted by 亀有夕子 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

Yahoo!みんなのアンテナより「ヘンな人が好きな彼女に好かれるには」


今日の「Yahoo!みんなのアンテナ」は、高校男子からの質問。

「ヘンな人が好きな彼女に好かれるにはどうすれば・・・」
こちらをクリック

この高校男子曰く、「僕には彼女のツボがわかりません」
きっと真面目な人なんでしょうね。(^^;

私はこの彼女のツボ、すごくわかるわ〜!(笑)
鼻歌うたいながらゴミ箱引きずったり、
校則違反なのに花柄のサンダル履いたり、
そういうことをウケ狙いじゃなくて、
反発心でもなくて、
フツーにやれる人って男女問わずおもしろいと思う。

回答アドバイスの、
「黒いゴミ袋をレインコートにする」もツボだわ!(笑)
っていうか、私が黒いゴミ袋をレインコートにした!!
友達の家からバイクで帰る時、雨が降ってて、
黒いゴミ袋を頭からかぶった!!(笑)

困ったのは、それすらもなくて、
ダンボール箱をかぶって帰った!!
ピッグスキンのコートを濡らせたくなくて。
バイクに乗ったら、小雨でもビショ濡れになるもの!!

ちょっと恥ずかしかったのは、オトンの覆面かりてバイクに乗った時。
高速つかって通学してたから、冬は寒くてしょうがなかった。
それで覆面かぶってみたんだけど、信号待ちの時に恥ずかしい思いをした。

友達からは、
「いくら困っても私にはそういう発想ができない」と引かれたけど、(^^;
ヘンな人になるために方法なんてないんですよ。
手段を選ばなかったらヘンなことできます!!

それにヘンな人って、ヘンなことやろうと思ってやってるんじゃなくて、
周りの目を気にしないから、やってることが目立つというか、
ヘンになるのよ、たぶん。
よく晴れた日に「傘持って歩くの恥ずかしい」とかいうでしょう?
私、全然恥ずかしくないもの。
天気予報が外れただけで、なぜ恥ずかしい?と思うほうです。

逆に、私以上に周りの目を気にしない人がいると嬉しくなります。
まるで外国で出会った日本人≠ンたいな感覚かな?(^^)
この質問者が目標としている、
「ヘンすぎなくて、今までの人たちとは違う感じ」といった、ちょうどいい頃合が最高!(笑)


だけどベストアンサーにあるとおり、彼女の好みを意識して真似したら不自然。
誰にでもひとつやふたつ、
「なにソレ、すごくヘン!!」という部分を持ってる
ものだから、
それを自然に見つけ合う関係になるのが一番だとう思うなぁ。
人の目・彼女の目を気にしすぎなければ、
おのずと自分のオリジナリティ(ヘンな部分)が出てくるよ。

posted by 亀有夕子 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

ダラ奥おすすめ、ジップロック鶏


ダラ奥ってなに?
調べてみると、どうやら「だらしない奥様」の略みたい。(^^;
素敵な奥様」の向こう側に「だらしない奥様」があるなら、私は確実に後者だな!
だけど、ダラ奥方のおすすめ簡単料理は使えますよ。(^^)

このジップロック鶏(蒸し鶏)に最近ハマッてます。
すでに御存知の方も多いかと思いますが、ダラ奥代表料理かも。
手軽でおいしくて、肴にしたりサラダに添えたり、いかようにもアレンジ可能です。
こちらをクリック

ジップロック鶏の下味はもっと有り合わせでOK!
クレイジーソルトはちみつだったり、
麺つゆ日本酒生姜だったり、
ジップロックの中にたまった鶏のスープは野菜スープに使うとか、
ダラ奥なりにアイデア満載!(笑)
こちらをクリック
クレイジーソルトは使い勝手がよいな。

→ ※イケナイことだと知り、店内画像を削除しました。m(_ _)m(2013年6月27日)

さっそく私も、相棒が買ってきた生姜焼ソースジプロック鶏を作ってみました。
しっとりプリプリでおいしかった!
電子レンジで調理すると固くなりがちなお肉ですが、
密封状態で湯煎するとやわらかくなり、
パサつきやすいムネ肉も、しっとりしたハムのように仕上がるんですね。
ムネ肉は低価格でローカロリー。
油を使わないこの調理法なら、ますますヘルシーです。

ジプロック鶏よりさらに簡単な茹で鶏レシピもあります。
こちらをクリック


お湯につけるだけでこんなに簡単に作れるなら、
防災グッズにジプロックと鶏のムネ肉、追加しようかしら!?

posted by 亀有夕子 at 01:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

「Yahoo! みんなのアンテナ」より「僕の行動は間違っていたのでしょうか?」


世の中に不正がまかりとおるのは、曲がったことが大キライな職人(気質)が減少しているからかもしれません。
職人さんが曲がっていたら、日本の精巧なものづくり産業が海外で認められることなんてなかったでしょうね。


今朝の「Yahoo! みんなのアンテナ」より、「僕の行動は間違っていたのでしょうか?」
こちらをクリック

こういう質問はストレートで気持ちがいいですね。
点数制限の特売品を何度も買いに来る男性客に、
「お一人様2点限りとなっております」とお断りするレジのアルバイト。
すると居直る70代の男性客。
「一度車に置いてきたんだからいいんだよ」
「ふざけるなよ、店長呼んでこい」
「謝ればいいんだよ」
「お前の名前覚えたからな、本社にクレームして辞めさせてやる」

大の男が、そこまでクレームつけることかと呆れてしまいます。
お一人様2点限りの特売品はトイレットペーパー。
人生経験の少ない若いアルバイトだと足元をみて威嚇してるんでしょうね。

つい先日も、亀有周辺で警察に連行される年配の男性を見てしまいました。
万引きです。
高齢者の万引きは、この10年間で急増しているそうです。
孤立した高齢者の生活事情があるにせよ、まっとうな若者に難癖つけて「謝れ」なんて恥ずかしい姿。
「騒ぎが起きたら店の評判が落ちる」と、とにかく平謝りする店長もいます。
これでは人生の先輩としての示しがつきませんね。

質問者が店長からいわれた言葉は、「黙認しろ」でした。
ヘタにクレーム沙汰になって業務がストップするよりも、スムーズに運営できることを優先すればこうなります。
雇われ者にとってツライのは、全責任を負う立場ではないので従うしかないことでしょうか。

ベストアンサーに選ばれた回答は、あえて明確なアドバイスを避けています。

「貴方みたいな真っすぐな人好きですよ♪
 社会に出れば理不尽なことたくさん経験します。
 理不尽なことに対して正直に当たり過ぎて、面白くない立場に立たされることもたくさん経験するでしょう。
 そうして成長して行くものです。
 もっと他に方法があったかも、こういう表現で言ったら、相手も理解してくれたかもって言うように、立ち回り方を覚えていきますよ」
「制限速度50km/hの道路を60km/ hで走ったら、
 警察に取り締まられる場合もあるし、そうでない場合もあります。
 同じ道を逆に45km/hぐらいでゆっくり走ったら、
 道路交通法は遵守していても、後続の車を渋滞させて、逆に事故を誘因してしまうかもしれません。
 同じことをしても、状況によって受け止められ方が変わる」

と説明した上で、絶対的な答えはないと回答しています。

結構ケースバイケースなんですよね。
だから絶対的な答えはない。
点数制限をつけるのはお客に対して公平に商売したいからで、事情を話せばアッサリOKな時もあります。
この男性客のように居直る場合はNGですが、こんなことで若い人の正義感が踏みにじられしまうのはいただけません。
(点数制限の特売品を買いだめする客が本社にクレームつけたところで誰も相手にしませんけどね)


曲がったことが大キライな「大人」が減っていけば、後に続く世代もそうなっていきます。
大人の生き方を模倣するのは、こうした日常の些細な場面から。
私の身近な人で話せば、浅草で生まれた足立区在住のおばあさん。
横断歩道をゆっくり渡っていると、「はやくしろ!!」と怒鳴りつけるドライバー。
おばあさんは睨み返して叫んだそうです。
「こっちは病人なんだよ!!」
その話を聞いた私は、ちょっと感動してしまいました。
間違ってるとか間違ってないという話ではないのだけど、
たとえ高齢者だからといって、病人だからといって、弱者にならず、
理不尽なドライバーにちゃんと言い返せてるところが素晴らしいなと思いました。

身勝手な人にはこちらの勝手を主張する。
それが行き過ぎるとアメリカみたいに裁判社会になってしまうのだろうけど、
なぁなぁにしていたらつもりつもって
どこから手をつけたらいいのかわからなくなるくらい取り返しのつかないことになっていきます。

回答例を読んでみたら、皆おかしいと思っていて、同じような思いをたくさんしてきています。
だけどこの質問者が選んだのはこのベストアンサー。
「世の中はそういうもの」では納得しませんし、そんなことでせっかくの正義感がへし折られるのはもったいない。
竹のようにまっすぐ育つには、こうした回答をする大人が身近にいることなんでしょうね。

posted by 亀有夕子 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

小さい秋、みつけた

すっかり色づいた落ち葉の道。
人影もなくて、秋ね。

111120_1307~01.JPG

山でも林でもないのに、きのこの群生。
足立区の一ツ家第一公園できのこっ!!
リアルきのこの山っ!!

111113_0933~01_Ed.JPG


肌寒くなると食べたくなるのが焼き菓子。
アリオ亀有の催事コーナーで、テディベアの焼き菓子。
111105_1441~01.JPG

私には胎児にみえた。
111105_1440~01.JPG
  

京成立石駅付近で。
ブロック塀にささやかなデモ。
駅前の「再開発 反対!!」と書いてある。
111112_1230~01_Ed.JPG

ちっさ!!
111112_1231~01_Ed.JPG


これは衝撃的。
JR北千住駅で見つけた貼紙。
こんなことする乗客がいるんだ!!
111120_1445~01.JPG
地下鉄のマナー啓発ポスター「家でやろう」の上をいくなぁ。
車内でお化粧したり、食事したり、電話したりする乗客をはるかに超えてる。
マナーというよりモラルの問題。
これシラフ?
酔っ払いじゃなく、シラフでこんなことするの?


これから年末年始は飲み会シーズン。
飲んでもちゃんと「家に帰ろう」ね。

posted by 亀有夕子 at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。