2010年12月14日

村上たかし「ナマケモノが見てた」

ナマケモノが見てた 1 (集英社文庫―コミック版) [文庫] / 村上 たかし (著); 集英社 (刊)
このマンガ、大好きだったんです。
学生時代、ヤングジャンプ読んでた友達からすすめられたマンガ。
「ナマケモノが見てた」に登場するアニマル・キャラクターが全部個性的でおかしくて。
特に超ビンボーなアライグマ家族と夢見るオオサンショウウオの平吉くんがお気に入りでした。

たぶんこの人のノリが関西独特なんですよ。
こういうバカバカしいネタ、よく男子が話してたなぁ〜って思いますもん。
滅多にウケない相棒(近畿圏出身)に1ページ読ませたら、ニヤリと笑ってましたから。

↓ 母親の浮気を発見した娘(フンコロガシ)の、「不潔よーっ!!」がウケる〜(笑)
101214_2347~01.JPG


村上たかしといえば、今年映画化が決定した「星守る犬」ですね。
ワンコ飼ってる人は必読です。
ジ〜ンとくるマンガもお笑いも描けるなんて幅が広い!
星守る犬 [単行本] / 村上 たかし (著); 双葉社 (刊)

posted by 亀有夕子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

そういう時期

ほんとにあった怖い話 2010年 11月号 [雑誌]

ほんとにあった怖い話 2010年 11月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/09/24
  • メディア: 雑誌


今月号で休刊となる「ほんとにあった怖い話」
出版社が変わってから落ち着かないですね。
↓同誌の廃刊になった単行本が再刊されたけど、また廃刊になりそう↓
100930_2205~01_Ed.JPG


ひとみ翔の霊感お嬢★視っちゃんシリーズ「絆の声」より。
ベテラン霊能者・寺尾玲子氏と視っちゃんの出会いのシーンです。

それまでは、 「自分の力が及ぶ範囲」を自覚できた視っちゃん
「危ないと思ったら避けることができた」のに、その相談は回避できず、
視っちゃん自身に降りかかる霊障。

「ほんとうに霊感があるかどうかも信じられなくなってしまって、
今までのは自分の妄想で、バカげた思い上がりだったのかと・・・」

そんな視っちゃんに、玲子さんはいいます。

「あるのよ、そういう時期が。
自分の力に疑問を持つことは必要で大事な時期なのよ。」


これ、すごく深い言葉です。
霊能者に限らず、そういう時期ってあると思います。
もし玲子さんが教えられたわけでもなく、自分で気づいたのなら、
視っちゃんの状況が手に取るようにわかるはず。

私も(視っちゃんのように)自分の力を信じられなくなってしまった人を知っています。
すっかり自信喪失して、端からみればあまりいい状況ではないけれど、
玲子さんのいうとおり本人にとっては必要で大事な時期なのかもしれません。
自分の力を過信してヤクザみたいな霊能者になる人もいるけれど、
そっちへいったらあなたの持ち味が台無しになるでしょという時に
足止めさせる時期があるのかな、とも思います。

のちに視っちゃん「封印の剣」(コミックス)玲子さんのことを
「空手の有段者について教わってるみたい」と語っています。
「最初は見よう見真似でも、
実践してそのカタの意味がひとつひとつわかってくる感じ」
といいながら、
「玲子さんのやり方が合ってるみたい」と喜ぶ視っちゃん。
玲子さんも嬉しいんじゃないかなぁ。
同じ感覚で語れる相手がいるのといないのでは、人生まったく変わってきます。
そんなふうに語れる相手は大勢いなくてもよくて、むしろ少ないほうが安定しやすいもの。

絆の声 霊感お嬢★天宮視子シリーズ (HONKOWAコミックス) [コミック] / ひとみ翔 (著); 朝日新聞出版 (刊)
posted by 亀有夕子 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

キャンディ・キャンディのイラスト集

実家にあった「キャンディ・キャンディ」のイラスト集
100909_1845~01.JPG


1976年当時で480円だった代物。
今だと廃刊に伴うプレミア価格で、
20,000円〜30,000円くらいの値うちがあるけど売るもんか。



続きを読む
posted by 亀有夕子 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

週刊スピリッツ「バンビ〜ノ!」今週号より

100823_2059~01_Ed.JPG


横浜に出店した六本木バッカナーレの2号店。
経営不振で開かれた対策会議。
口火を切ったのは給仕長の井上

「後から来た奴の事ばっかりアテにしやがって。
 他の誰かの店じゃねぇ。
 ここは俺達の店なんだぞ!!

伝説のウエイター・ヤンさんの集客ぶりに圧倒され、すっかり影に追いやられていた井上は、自分達で店を盛り上げていけるように熱いディスカッションをくりひろげます。

「カッコイイ店にしようぜ。
 一見のお客が入りづらくなるくらい。
 大人の店の楽しみ方が分かってる粋人を
 メインターゲットにして・・・・・・・・・・

 今よりも緊張感のあるイカした店、
 目指さねーか!?」


そうなると、気軽に利用したい客層を切り捨てることになってしまいます。

「その迷いが・・・ブレが・・・
 ウチの店の中途半端な分かりにくさ
 つながってたんだよ。」


顧客のニーズは多岐に渡って人それぞれですから、すべてに応えていたらいつか福祉職員のようにバーン・アウトすることに。
集中して質のよいサービスを提供するには、バラバラに散らばった問題をフォーカスしていくこと。

お店に合った顧客を取り込めば、顧客ニーズに応えやすくなります。
それにはまずお店のカラー(個性)を決めること。
店のカラーに合ったお客を呼び込むことで、ニーズを持つ側と提供する側がスムーズに成立します。
共に支え合う関係、成長しあえる関係が成立します。

気軽に食事を楽しむ店になると、どんなお客がやってくるのか。
子どもが騒ぐような店。
食事中に携帯電話で大声を出すお客。
喫煙マナーを守らない客。

マナーという鍵を持ってないと入れない店を目指すべきなんだ。」

顧客の差別化。
サービスを受ける側も提供する側も、「マナー」というキーワードでつながっている関係。
「マナーを知らないと入れない店」というイメージを作りあげていくことで、それに見合ったお客がきます。
それに見合うサービスを目指すことになります。

自分の立ち位置を決めた上でターゲット層を絞り込む。
いつでも誰でも気安く入れる店を目指すなら、高級イタリアンは不釣合いです。
だからといって「収入が低い人は諦めなければならない店」という意味じゃないことを井上は主張します。


イタリア人は人生を楽しむ人達だ。
 イタリア料理店は生きてる事を楽しむ場所だ。

 普段コンビニ弁当食ってても
 晩メシをファストフードですませても
 生きてる事を楽しみたいモンなんじゃねーのか?」


そんな時に役立てる店。
生きてることに感謝したくなる特別な日に、予約したくなるようなレストラン。
そんな店にふさわしいクオリティを皆で目指す。
誰かが決めた方針に従うのでなく、自分達で考えて納得しながら方針を模索していきます。



続きを読む
ラベル:バンビ〜ノ!
posted by 亀有夕子 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

「30日間で理想のパートナーを見つける法」(2010.7.12加筆修正)


30日間で理想のパートナーを見つける法

30日間で理想のパートナーを見つける法

  • 作者: チャック・スペザーノ
  • 出版社/メーカー: ヴォイス
  • 発売日: 1994/12/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


婚活するよりオススメなのが、この本。
「30日間で理想のパートナーを見つける法」です。
かなり効きますよ。
騙されたと思って読んでみてください。
それまでの自分について深く考察することになります。
そういうのが苦手な人には向いてないかも。
私は日記をつけるのが苦にならないほうなので、30日間の項目を消化していくのはけっこうおもしろかったです。
(毎日読み進めていかなくても、2〜3日おきでも大丈夫です。)
こちらのブログでその成果(変化)が紹介されています→クリック

本の項目にしたがい、まだ見ぬパートナーへの希望条件を書いていくページがあるのですが、私の場合は9割がたクリアした男性が1ヵ月後に現れました。
その過程で代用品(替え玉)と思われる男性も現れます。
「誘惑・代用品は受け付けない」という章では、「85%完璧な相手ではなく、100%完璧な相手を待つように」と書かれてあるのですが、これまたそのとおりでした。
誘惑に妥協するよりもっと幸せな未来を選択すると、既に完璧なチャンスが目の前にきていることに気付きます。

そして、ちゃんと希望どおりの相手が見つかったのに失敗しました。(^^;
敗因は・・・つきあった後でどうしても譲れない項目(条件)がみつかったからです。
それは、「親から(精神的に)自立していること」

この本では「相互依存」こそ自然な関係であり、最初は「依存」という形からはじまって、「自立」したあとでパートナーとは持ちつ持たれつになっていくとあります。
どちらかというと「(他者を寄せつけないほど)自立した関係」を望んでしまう私は、そうした自分の傾向を改めようとするあまり、明らかに親と依存関係にあるその人を「これは相互依存か?」と勘違いして見破ることができませんでした。

いいえ、本当は気づいていたくせに、好きな人を悪く思いたくない≠ニいうブレーキがかかっていたような気がします。
そんな建前より、自分がそれをどう感じているのか≠ニいう本音の部分を大切にしないとパートナーシップなんて築けません

(どーみても親に依存してるよな?)と思われる相手とパートナーシップを持つのは困難。
パートナーだけでなく、その人が依存している親も含めていろんな問題を背負う羽目になります。
過保護な両親のもとでぬくぬくと育ってきた男性は、あとあと面倒なことになりがち。
それよりも若いうちに苦労して、親元から離れざるをえなかった男性のほうが断然いいです。
自立するには挫折を知ってる人がいい。

新たにこの本を読み直し、独立心の強い男性をイメージしながら希望条件を変更しました。
前回は「仕事に熱意を持って取り組んでいること」「家族と仲がいいこと」を項目にあげていましたが、一卵性親子をみたらそんな条件どうでもいいです。
「僕の妹(既婚者)と同じ日に入籍したい」とかいわれたらキモいですよ。
それは成人男性の発想やない、オカンの発想!!
オカンと相談しながら結婚決めるな!!
こんなところに落とし穴があるとは思ってもみませんでした。

おかげで設定しなおすことに。
「母親を大事に思っているけど、あえて離れて一人暮らしをしている」とか、
「男兄弟が2人以上いる(←女家族の影響を受けないで成人男性の発想ができるように)」とか、
「2人の時間を大切にしてくれるけど一人でもいられる」とか。

それでもまた現われてくれるんです。
代用品の男性も現われました。
一瞬「この人かな?」と思うけれど、打算的な損得勘定じゃなくて、一緒にいても辛いと感じたらそれはニセモノ。
この本を読むと、自分にとってふさわしいものや本当に望んでいることが明確になるし、敗者復活戦にも役立つのでお得ですよ。(^^)
また読むハメにはなりたくないですけどね。

posted by 亀有夕子 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする