2009年07月07日

三河島の雲翠泉と銭湯絵師

 

子連れが多い女湯では、子どもウケする絵が喜ばれたそうです

 

 

全国で3人だけの銭湯絵師も、今年の4月に一人亡くなり、今は2人になってしまいました。

またひとつ銭湯の歴史が消えていくのかと思うと残念でなりません。

 

在りし日の銭湯絵師・早川さんの姿をネットで拝見しました。

お店によって素材も造りも違うのに、2,3時間で風景画を描き上げてしまう熟練技。

浴室が広くみえるよう、縁起を担いで素早く構図を決める。

定められた条件の中で、思いのままに描く姿は感動します。

<

 

荒川区の三河島駅近辺では、昔ながらの銭湯形式を楽しむことができます。

珍しいのは雲翠泉の童話絵。

誰の作品かはわかりませんが、なつかしい絵柄のタイル画は、昔おじいさんが話してくれたお伽草子のよう。

「浦島太郎」や「桃太郎」など、とても丁寧な描写で、これを見るだけでも価値がある銭湯です。

 

こちらの富士山には、岩に砕ける波しぶきが。

もしかすると、波しぶきが得意だった早川さんの風景画かもしれません。

 

ラベル:銭湯絵師
posted by 亀有夕子 at 00:23| Comment(0) | 銭湯ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

立石の愛国湯

 

 

みごとなタイル画

 

 

 

 

 

葛飾区立石の愛国湯。

 

こじんまりとしたスペースに、バブルバスや薬湯が充実していて清潔感のある銭湯でした。

 

常連客が多いのか、風呂桶がきちんと元の位置に戻っていて、マナーよく利用されてます。

 

これなら通いたくなるかも。

 

今日の薬湯はラベンダー&カモミールで、とてもいい香りでした。

 

 

 

今月は葛飾区の銭湯を新しく5軒開拓。

 

その中で気に入ったのは、この愛国湯と青砥の成弘湯

 

最近暑いせいか、仕事が終わると自分が汚れているような気がしてなりません。

 

「汚れ」というより「穢れ」ているような感じです。

 

禊(みそぎ)のように汗を流す私にとって、銭湯は家に帰るための「儀式」の場。

 

だからこそ、お風呂屋さんは清潔感が命なのです。

 

 

 

 

古くても清潔感のあるお風呂は大好き。

 

でも一番好きなのは、亀有の日立湯。

 

設備・接客・清潔感をすべてクリアしているのはここだけ。

 

 

posted by 亀有夕子 at 00:02| Comment(0) | 銭湯ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

雨宿り



帰ろうとした途端、どしゃぶり。


牛乳飲んで、小降りになったかと思えば、またどしゃぶり。


雨宿りは終わりそうもない。


それにしても青砥の成弘湯は、富士山の絵が見事。

銭湯好きにウケる風呂。


posted by 亀有夕子 at 22:46| Comment(0) | 銭湯ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

立石のアクアドルフィン

 

 

暗い入り口

 

 

 

 

今日は自転車で立石のアクアドルフィン(銭湯)へ行ってきました。

 

亀有圏から外れた葛飾区内の銭湯は初めて。

 

外観は普通のビルで、気をつけないと見落としてしまいそうな銭湯です。

 

夜の9時半でしたが女湯には7,8人いました。

 

浴場にはガラス越しにテレビが2台。

 

バブルバスが充実していて、横たわりながらテレビを見ることができます。

 

今日の薬湯はりんご風呂。

 

奥には薄暗いガーデン風呂。

 

壁はリトルマーメイドのようなモザイク画。

 

浴場が広くて天井は高く、24:30まで営業してます。

 

 

posted by 亀有夕子 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 銭湯ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

ビートたけしも通った銭湯

 

 

 

お母さんが生けたお花はどれもきれい

 

 

 

 

 

 

雨降りの日はお風呂が空いていて、来た甲斐があるってもんです。

 

今日は抹茶風呂。

 

一時は宝寿湯(漢方風呂・東京の銭湯でよく使われている)が続いていたけど、また日替わり風呂が復活したみたいです。

 

私のお気に入りはきれいな紫色のワイン風呂と、他の銭湯では見たことがない高麗人参風呂。

 

深い緑の森林浴風呂も気持ちがいいです。

 

 

 

脱衣所にはローズピンクのバラ。

 

おととい来た時も観賞してしまったけど、今日の生け方のほうが好き。

 

ここのお母さん、控えめな人だけどホント粋だわ。

 

売れる前のビートたけしがよく利用していた日立湯。

 

たけし云々のエピソードがなくても、坂田さんちのお風呂が一番。

 

 

 

posted by 亀有夕子 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 銭湯ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする