2012年07月25日

愛すべきバカヤロー


120724_1938~01_Ed.JPG

前の職場の利用者さんとバッタリでくわした。
ガイドヘルパーと白杖付きで歩いていた、目の不自由なおじいさん。
おじいさんというよりも、永遠の悪ガキ。
チョイ悪どころか、めっちゃ悪いオヤジさん。

声からして全然くたばってない。
西川のりおみたいな低音のガラガラ声で、しかもよく響く。(^^;
いかつい顔といかつい手足。
甲冑姿が似合いそうな日本男児。

いつもどこかで戦ってるというか、争っている。
その強さはどこからくるのか。
障害を持っても憐れみなんて感じさせない。
「いま裁判やってるんだ。 手伝ってくれないか?」

フツー障害者なら身体介助を頼むでしょう。
だけどあのオヤジさんは経営者として私に依頼する。
根っからの頭領気質なんだよね。
事務なんかで私を雇ったら会社が傾くよ。


「俺の家知ってるだろ? 遊びにこいよ。
 俺んち来てパンツ見せるんじゃねぇぞ!!」

「見えないくせに何いってるんですか!!(笑)」

愛すべきバカヤローだわ。
野生の勘で生きてきたようなジーサンに、セクハラ騒ぎで反応するのはヤボってもんよ。




posted by 亀有夕子 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害者関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

良心で責めないで

ryosin1.jpg


バスで夜道を走っていたら
反対車線からあわてて駆けてくるおばあさん
バス停まで間に合わないかも

発車しようとしたら
わめき声でバスをとめるおばあさん
必死の形相
聾唖の人だとすぐわかった

やっとの思いで乗車して
おばあさんは荷物を置いて
つっ立ったまま探し物
いつもなら
「発車します お掴まりください」のアナウンス

聾唖の人だから
聞こえないから
運転手は黙っていた

隣で見ていた私が声をかける
「座ってください」
おばあさんは手提げ袋からパスケースを取り出した
(まだこれを見せてないんです)
そのパスケースを掴み取って私が運転手に提示した
「これでいいですか?」
動き出すバス
席につくおばあさん

私は早く帰りたかっただけ
なかなか座らないおばあさんに
動き出さないバスに
イラついたからそうしただけ
礼をいわれる筋合いはない


そんなに頭を下げないで


途中下車するバス停で
もう一度頭を下げて降りていった
駆けつけた時とまるで違う
仏様の笑顔で

ちがうのよ
私は善意でやったわけじゃないのよ


ryosin2.jpg


同じようなことがあった
「この施設からでたい」と騒ぐ利用者
あなたが望むパラダイスなんてこの世にあるはずがない
勝手に出ていけばいい
私だってうるさい人はたくさんだ

私はそう思っているのよ
あなたのことウンザリだと思っているの
今までだって何度もそう思った
さっきまであなたの悪口を言っていたのよ

それなのに
注意する私に
「夕子さんの考えてることはよくわかよ」
なんて言わないで

お天気みたいに機嫌が変わるくせに
人の都合なんか考えてないくせに
そんなこと言わないで

posted by 亀有夕子 at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害者関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

カラスの涙

担当のオバハンが転勤になり、泣き叫ぶ海本幸子さん(仮名)

karasu1.jpg




今世紀最高のトラブルメーカー?オバハン上司が転勤になった。
それを聞いたクライアントの海本さん。
みんなの前で号泣する。
わんわん泣いてる。
そんなに泣くなら、もっと優しくすればよかったのに。


いつも突っかかっていたのが嘘のよう。
ま、突っかかる種を蒔いていたのはオバハンだけどね。
どっちもどっちだけどね。


「まだここにいるから泣かないで黒ハート

「うぉおおおおぉおおおおおぉぉおおおぉおんんっっ!!!」



コラッ
知らない人がみたら感動のハイライトシーンじゃないか。
不思議なことに、もらい泣きするのはうちの名物・三大トラブルメーカー。
みんなサントリーレッドで酔いつぶれたような涙。




その後で海本さんのトイレ介助に入る。
5分も経っていないのに、彼女の口から出た言葉。


karasu2.jpg



だけど私、慣れてるの。
驚きもしないし嘆きもしない。
子どもだって親の前で裏表つかいわけてる。

わかっていても、
裏側には触れたくないクライアントっているけどね。




タグ:障害者
posted by 亀有夕子 at 09:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害者関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

ある障害者の嘆き〜論点のすりかえ〜

身体障害者・海本幸子さん(65)の場合


yamafuku1.jpg

※プライバシー保護のため音声は変えています

「今年の3月にガイドヘルパーの派遣を依頼したんだ。
 それなのに施設の職員は7月になっても『まだ手続きが終わってない』って言うんだよ。
 いつも『今度確認する』ばかりでヤんなっちゃうよね。
 だからあたしゃ言ってやったのさ。」



yamafuku2.jpg



「そしたら担当職員(58)がこう言うんだよ」




yamafuku3.jpg




yamafuku4.jpg



これを「論点のすりかえ」という。
そしてなにも解決しない。




posted by 亀有夕子 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害者関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする