2011年03月02日

だめんずはダメざんす

サイバラさんのブログで、コメント欄が大反響。
お題は昔の男への思い出し怒り=B
こちらをクリック

いやぁ〜皆さん、貧乏くじ引きまくってますねぇ〜。
一番多いのは、風邪(インフルエンザ)で寝込んだ時に、無神経な言葉 or 行動を取る男。

「オレのごはんは?」
これ、禁句ですよっ!!
クリームパンとか鶏の唐揚とか買ってきても、病人は食べられませんからっ!!
いつまでたっても消えない恨みの数々を、素敵にたとえるコメントがありました。

続きを読む
タグ:西原理恵子
posted by 亀有夕子 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 西原理恵子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

対談(西原理恵子×小泉今日子)より


ついこないだまで閲覧できた西原理恵子×小泉今日子の対談の一部が、どうしても検索できません。
しかたないので資料なしでブログネタにします。

映画「毎日かあさん」の原作者サイバラさんと主役キョンキョンの対談で、
「女は仕事を持ってるほうがいい」という話題がありました。
「いざという時に家族を支えられるから」がサイバラさんのポリシー。
今までにもインタビュー等でよく耳にしていたのですが、今回は新しい切り口がありました。

女がたくましいと、いい男が寄ってこなくなる
・・・たしかそんな内容だったと思います。
何もできなさそうな女のほうがいい男をつかんでいたりする
これは漫画家の一条ゆかりが、よくエッセイやマンガのセリフで使っていた言葉です。
私の感想は、
「ついにサイバラさんもそう思う(言う)ようになったかー」でした。

続きを読む
posted by 亀有夕子 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 西原理恵子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

「パーマネント野ばら」をみてきました



感心したのは夏木マリ。
私の記憶では都会的な美人女優≠フイメージでしたが、アバズレみたいなおばちゃん役を好演。
そして小池栄子の、フィリピンパブで働くケバいみっちゃん*。
一番よかったです。
豪快で、破天荒な恋愛ばかりで、みっちゃんの不器用な一途さがよく出てました。
夏木マリも小池栄子も、きれいどころの女優さんがよく頑張ったなと。

映画のパンフでは主演の菅野美穂を絶賛しすぎ。
確固たる演技力で個性的なキャラクターを体現しながらも、独特の透明感で唯一無二の存在感を放つ女優
唯一無二の存在感」はどうかなぁ!?

美容室「野ばら」にあるヘアカタログはサイバラさん(作者)がモデルで笑えました。
そこに集まる農家のおばさん役は、原作どおりの憎めないキャスティング。
ちょっとさえない感じの衣装が雰囲気出てます。
原作では語られなかった主人公の傷についてちゃんとエピソードが用意されており、ストーリーに幅がでてました。
それでも原作を超えるのは難しいかな。

お行儀よく育てられやすい女の子にとって、そのフォーマットをことごとく崩してゆくサイバラさんは実に痛快。
どの作品か忘れましたが、妙に説得力のあるセリフがこれ。
上等な私立卒業したって、世間は上等な私立じゃねえんだよ
大切に育てても世間がそうじゃないんだから、女の子はたくましく生きなさい・・・サイバラ作品にはそんなメッセージが込められているように思います。
posted by 亀有夕子 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 西原理恵子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

つよい女性

katumar.jpg

勝間和代さんと西原理恵子さんが対談されたそうです。
去年毎日新聞でもそういう企画がありました。

勝間さんって・・・顔つきが男。
香山リカさんとの対談本みても、質問の答え方が男性的でクレバー。
勝間さんのおかげで元気もらえる人はたくさんいるし、
宝塚の男役はカッコいいと思うけど、
私はこういうふうになれません・・・。
ハードすぎて。

西原さんみたいに仕事の合間に子どもと遊んで、
子ども目線の思考回路をキープできる生き方は、女性ホルモンにもいいと思います。
心強いタニマチ?高須クリニックのおかげで若々しくみえるのかもしれないけれど、この画像、勝間さんはメイクしてて西原さんはスッピンなんですよ!!

マンガでは、家事も子育ても手抜きしてるように描いてるけど、ポイント押さえて育てているのが雁屋哲(「美味しんぼ」原作者)さんのブログでわかります。
「今時こんな子供が日本にいたのか」と思うほど、西原さんの子は素直で礼儀正しいそうです。

ああ、わかるわ。
山奥の教護院で実習した時、寮長の娘さんがそうでした。
素直で礼儀正しくて、子ども好きじゃない私が文通してました。
ポリシー持って働く両親と、自然に恵まれた環境。
子どもが伸び伸びと育つわけです。


だから、あなたも生きぬいて (講談社文庫)

だから、あなたも生きぬいて (講談社文庫)

  • 作者: 大平 光代
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 文庫



「だからあなたも生きぬいて」の大平光代さんも、独身の弁護士時代はキリッとしたメガネ顔でしたが、結婚したら変わってました。
子どもが生まれるとますます優しい顔つきになって、女の幸せがにじみでています。


今日を生きる

今日を生きる

  • 作者: 大平 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本



その大平さんが、少年院送りになった子どもに更正の可能性を見出すポイントは「礼儀正しさ」。
礼儀は一朝一夕にマスターできるものではなく、これを身に着けている少年は非行に走っても立ち直りやすいのだそうです。
西原さんの子どもさんは大丈夫ですね。(^^)

けして完璧な幸せじゃなくても、あんなに余裕のある表情ができるなんて。
西原理恵子さんも大平光代さんも強いなと思います。
そう、私が憧れるのは男性的な強さじゃなくて、女性らしい強さかもしれない。

posted by 亀有夕子 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 西原理恵子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

西原理恵子「鳥頭紀行(ジャングル編)」


鳥頭紀行―ジャングル編

鳥頭紀行―ジャングル編

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: スターツ出版
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: 単行本




文庫版は持っていたのですが、単行本を見つけ購入しました。
単行本のほうが掲載写真が多く、西原さんの字は細かいのでこちらのほうがおすすめです。


西原さんの鳥頭シリーズで一番気に入ってるのはこの「ジャングル編」。
普通だと体験できない珍道中が盛りだくさんです。

「アマゾン川でトクナレ(巨大魚)を釣る」
そんなくだらない企画、とおるはずがないのにとおってしまいました。
バックアップしているのは穴吹編集長。
西原さんの説明書きにはこうあります。

「週刊朝日をクビになって、社内をヤシの実のようにさまよい流れて、今では誰一人そんな人はいなかったのだとゆう事になっている」穴吹編集長。(笑)

そんな人からOKだされた企画なんて縁起でもない!!と抵抗する西原さん。
行き先はブラジル。
調べると、ストリートチルドレンが撃ち殺される ような国。
おまわりさんは面倒くさがりや。
犯人をつかまえても裁判にするのがカッタリィので、しょっちゅうその場で撃ち殺すとか。(^^;

現地の人のガイドでは、雨季になると沈んでしまうアマゾン川の中州。
百年ほど前まではそこが罪人の流刑地で、川が氾濫すると5km先の対岸まで泳いで帰ってくるしかないそうです。(^^;;
ワニやピラニアにやられず無事到着したら無罪!なんて、犯罪者も命がけ。

そんなアマゾン・ブラジル旅行。
アルコール厳禁のマラリア予防薬をたたきつけ、酒を詰込み、西原さんは別便で船をチャーター。
皆、ピラニアやワニのいるアマゾン川に飛び込んで用を足します。(^^;;;
トイレのないジャングル生活。
ちょっとしたサバイバル。

全然おしゃれじゃないし、観光なんてどこにもなくて、だけどすごく楽しそう!!
何度も読み返してしまいます。
こんなマンガ家さん、ちょっといないですね。
ホントは大変だったはずなのに、こうやって笑い話にできるのって才能だと思います。

この旅で、トクナレでなく生涯の伴侶を釣り上げた西原さん。
出会ったばかりの鴨ちゃんと若い頃の西原さんがすごく元気で、炸裂しています。


posted by 亀有夕子 at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 西原理恵子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする