2012年02月21日

小泉今日子と南大東島


去年、飛行機で読んだJALの機内誌「SKY WARD(スカイワード)」。
南西諸島の特集で、一番おもしろかったのは
キョンキョンこと小泉今日子が案内する南大東島
沖縄からはるか東の海に浮かぶ、自転車で軽く一周できるくらいの小さな島です。
こちらをクリック

大きく胸のあいたワンピースで、南大東島の子どもたちと記念撮影するキョンキョン。
キョンキョンだから不自然にみえないけど、他のアラフォータレントだったら浮いてたかも。
そしてアイドル時代とかわらない、はちきれんばかりの笑顔で地酒のラム酒を一杯。
島の特産のサトウキビで作ったラム酒は、無香料・無着色。

「ラム独特のクセを感じないですね。 ノドを通る瞬間は刺激的ですけど」

↓ これよりもっと胸のあいた写真がありました。
抜群の谷間で、あれはサービスショットだわ。(笑)

120221_1228~01_Ed_Ed.JPG


興味深かったのはキョンキョンの感想。

旅って、隣に誰もいない時間があったらいいと思う。
 友達がいたら、あの雲見て見てーなんに見えるー?って共有しちゃうけど、
 ひとりで見ていたら、その雲が何かに見えて、勝手に物語が進んでいくような時間。
 たとえば、恋人と美術館に行っても、ひとりひとりで見ようぜっていわれて、
 だよねーって言って。
 15分後くらいに入って来いよ、わかりましたーって。
 時間をずらして美術館に入って、それぞれが何か感じて
 あとからご飯食べながら話をすると、
 へえーそんなふうに見えたんだ、私はその絵を素通りしちゃった、とか。
 そういうのが楽しい
 ひとりで受けとめるっていう経験をすると、次に進めるっていう感じがする。」

キョンキョンは、友達と共有するだけでなく、個人で楽しむ旅を提案しています。
恋人がいたり、友達がたくさんいたりすると、
あえて一人で遠くへいく気分にはなりにくいし、いつも共有しようとするもの。
だけどキョンキョンがいうように、一人の時間って意外と大切。
誰かの考え方じゃなくて、自分のとらえかたを見つけることができるんです。
そうやって前に進むきっかけになるんですね。

「暮している場所にいて、できることもあると思うけど、
 日々に追われてちょっと見失っているときに、
 旅行っていうのは、すごく助けてくれるって思う。
 場所を変えてみる。
 離れてみると自分のいる場所がよく見える
っていうのも
 旅行のいいところ


場所をかえて、ひとりで受けとめる。
そんな時、南大東島の星空はうってつけなのだそうです。

「島の印象は・・・やさしくて、おだやか。
 パワーが強すぎたら、
 痛手を負った人が来たときにそれに勝てなくて、
 よけいショックを受けてしまう
かもしれないけど、
 この島はすべてがやさしく降り注ぐよう。
 夜に見える満天の星って恐いぐらいに感じることもあるけど、
 ここで見る星はやさしく瞬いているような感じ。
 絶壁の海岸で見た波しぶきだけは、激しかったけど(笑)」

まるで友達が話しかけているように、南大東島の魅力をわかりやすく紹介するキョンキョン。
その昔、キョンキョンがラジオで本を紹介すると売れ行きがよくなる!ということで、
書店に小泉今日子おすすめコーナー≠ェ設置されたこともありました。
今は女優業がメインですが、旅番組のレポーターとかもいいかも。
posted by 亀有夕子 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内・近辺・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

伊勢佐木町へ行ってきました


初雪が降るようなクソ寒い日に、横浜へ行ってみた。
毎回来るたびどこかしら変わってる。
伊勢佐木町はどこにでもあるようなチェーン店でいっぱい。

120120_1414~01_Ed.JPG
このBOOK OFFもそう。
昔この角地はハマギン(横浜銀行)とカメラのお店だった。
漫画「ハイティーン・ブギ」には当時の背景として描かれている。
(たしか翔と桃子の待合せ場所だったんじゃないかな?)

ハイティーン・ブギ  (1-6巻 全巻)


120120_1416~01_Ed.JPG
あ〜れ〜〜〜〜こんな立派なビル知らない!
1Fがセブンイレブンサイゼリア!?
ここって、ここって、コジマがあったんじゃないのっ!?
コジマでみた新発売のヘルシオは、あの当時買えなかったけど今は毎日使ってる。
同じ並びにある石丸電気は健在で、Foodexpressマルエツプチになっていた。


120120_1417~01.JPG

ここが高級アジアンリゾート風カラオケ店パセラ(横浜関内店)
パセラといえばハニトー(ハニートースト)
巨大パセラ名物ハニトーが店頭でお出迎え。
パセラの平日カラオケ料金(昼間)は歌広場なみに安い。
アルバム曲だって充実してる。
こ〜んなフレッシュジュース(パイナップル)付きで、600円/90分。
1000円でフリータイム。

120120_1500~02.JPG
昨夜相棒が不気味な怪音波を発していたので、おそらく歌っている(=機嫌がいい)のだろうと解釈し、何の曲か聞いてみたら
「僕が触れた指先にそっと≠竄ネいの!!」とはぐらかす。
問い詰めるとポルノグラフィティの「サボテン」という。
よく知らないのでカラオケ選曲中に「サボテン」を流してみたら、
こんな縁起でもない曲歌うなよ!!むかっ(怒り)
腹立つからパセラ「恋のタマゴ」(谷山浩子)を歌ってきた。


パセラはトワレだって柄付きトイレットペーパーが2種類。
おまけに店長への一言ノートが置いてある!!
「お気づきの点があればご記入ください」とあるけれど、
ノートを開けば「ノリちゃん大好き!!」の走り書き。
 ↑それがお気づきの点≠ゥ!?(笑)
いまどきのラブホみたいにオシャレな秘められた個室≠セから、勘違いされてる!?(^^;
120120_1540~01_Ed.JPG


最後にユニクロの3Fにあるダイソー(100均ショップ)へ。
(ここもかつてはラオックスのビルでした)

やっと見つけたわ、イボイボのボール。
このイボイボが足裏にきいて気持ちいいのだ。
小さいサイズが一番手ごろなのか、他のダイソーでは売り切れてたの。
これだけでも伊勢佐木町まで来た甲斐があったわい。
→ ※イケナイことだと知り、店内画像を削除しました。m(_ _)m(2013年6月27日)
posted by 亀有夕子 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内・近辺・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

大宮の氷川神社へいってきました

もう3ヶ月前の話ですが、7月に埼玉県・大宮の氷川神社へいってきました。
立石の占いサロンオラクル
「あそこは大きな池があっていいわよ〜」とおすすめされた神社です。
相棒の試験(夜学)が迫っていることに気づいた私は、
「いくなら明日しかない!」とあわてて休日に予定を入れたのでした。
よく考えてみたら相棒が埼玉で勉強してるのに、地元の神様に挨拶してなかったなーと。

110711_1133~01.JPG

真夏の太陽がジリジリと焼き付ける中、西日暮里でJRに乗り換えると、
乗り継ぎ電車が快速でサクサクと到着。
大宮駅からテキトーにバスに乗り、
テキトーにおりてコンビニで地図本を立ち読みし、炎天下の住宅街を縫って表参道へ。
参道の真ん中は神様が通る道だそうで、端っこをテクテク。
普段は木陰を歩くことなんてないし、
大きな木を間近で見ることもないから心地よかったです。
110711_1136~01_Ed.JPG
これが氷川神社の池。
大きな亀が泳いでいました。
池の近くに稲荷神社もあったけど、なんだか怖くてスルー。


110711_1143~01_Ed.JPG

朱色が立派。
この入口をくぐってお参り。

110711_1157~01_Ed.JPG

帰り道は木漏れ日がきれいでした。


相棒がいうには、試験の結果はまぁまぁ。
出席できなくてレポート提出した科目が「優」で、
出席していた授業が「可」だったとか。
大学の試験なんてそんなもんでしょ。

ネガティブ思考で結果待ちしていた相棒が
「この調子なら予定どおり卒業できそう」といっていました。
氷川神社の神様、どうもありがとう。

posted by 亀有夕子 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内・近辺・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

花魁金魚〜江戸の涼〜


この夏、是非とも行って見たかった、金魚のアートアクアリウム展。
日本橋架橋100周年記念のイベントで、コレド室町は江戸の夏をアートにしてしまいました!
こちらをクリック
約1000匹の金魚が泳ぐ、巨大金魚鉢の「花魁(おいらん)」
名前からして艶やかで、訪れる者の足をとめて魅了していました。



ライトアップで七変化する金魚鉢。
金魚にとってはストレスかもしれませんが、弱ってるヤツは一匹もいませんでした。
みんな選りすぐりの美人さんばかりで、浄水機能がついているのか、水の中もスッキリ。
一切よどんでいません!
110825_1414~01.JPG
夜7時以降は会場がバーラウンジになります。
会場では和の音楽が流れてすごくいい雰囲気。
私は鑑賞のみでしたが、それでも十分みごたえありです。
金魚を描いた浮世絵(春画)がさりげなく(こっそり)展示してあったり、
水槽の△をのぞくと、目の前を泳ぐ金魚が万華鏡仕様で展開したり。
とにかく粋な和の仕掛けを堪能できますよ!

金魚の中でもピンポンパールという品種が特にかわいかったです。
丸くて、ウロコがプチプチみたいで、コロコロしてる金魚です。



この屏風水槽が一見の価値あり!
屏風型のアクアリウムなんですけど、そこに花鳥風月を影で演出。
加えて、金魚の泳ぐ様がなんとも風流。
日本人でよかった!
110825_1445~0001_Ed.JPG


金魚グッズ(和菓子、日本酒、レターセット、ハンカチ、おもちゃ)も販売していましたが、
私はこのエッセンシャルオイルに惹かれました。
日本橋架橋100周年記念で特別にブレンドされた和の香りが2種類。
100本限定で1本4.830円。
私の経済観念では、アロマオイルに五千円も出費するわけにはいかないのだけど、今度生まれ変わったら買いたい!!(← ほしいのか? ほしくないのか?^^;)
ちなみに会場内はこの香りを使って空間演出されています。
110825_1507~0001.JPG

テイスティングしてみると、
「江戸の涼」は私にとって芳醇なラムネの香り?でした(笑)。
北海道のハッカと高知のレモン、飛騨のひのきを配合し、「打ち水で涼をとるイメージ」なのだそうです。
「里の夏」はもっと奥ゆかしくて落ち着いた、爽やかな香り。
日本の柑橘類(小夏・レモン・柚子・橙)と飛騨の黒文字をギュッと閉じ込め、
「林の中で美しい着物の女性とすれちがったような感覚」をイメージしたとか。

どちらも、そういわれてみればそんな感じ。
イメージから絵を描いたり、音楽を奏でたり、歌ったり、味も香りも表現できるんですね!
人間の五感と想像力で、どんなふうにもできるんだ!

これだけの演出が楽しめるのは東京ならでは。
金魚の夏の涼、おすすめですよ。

入場料は大人1.000円ですが、相棒は800円でコンビニの機械から前売り券をゲットしてました。
(知ってると得するサービスがいろいろあるんですね!)
9月12日(月)まで。
★コレド室町5F(エントランス4F)
★東京メトロ半蔵門線または銀座線で「三越前」駅直結
★JR総武線快速で「新日本橋」駅直結(いずれもA6番出口)



posted by 亀有夕子 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内・近辺・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

アメ横歩き

ぶらり途中下車。
御徒町駅からアメ横経由で上野駅まで。
アメ横は3年ぶりかな。
ここの雑多な雰囲気が大好き。
110805_1611~01.JPG
海鮮丼の屋台で、一杯500円。
いつも混んでてスルーしてたけど、この日は雨上がりですいてました。
卓上醤油が水みたいに薄くてビックリ。
ごはんが酢飯じゃなくて、二度ビックリ!!
ま、一杯500円だから。

新宿で食べた、焼き小籠包
アメ横にもありました、4コ380円!
子連れのお母さんが「すごくおいしい!」と再オーダー。
お店の人も親切で、「初めて食べるの?」と聞いてきます。
焼き小籠包は気をつけないと、スープ飲むときヤケドするから。
110805_1622~01.JPG
テーブルには食べるラー油と香醋が。
香醋は本物、水で薄めたものじゃない!(^^;
こういうちょっとした気づかいで、また来たくなるんですよねぇ。

亀有にも焼き小籠包のお店ができたらしく、ポストに地図入りのチラシが入ってたけど、
店名はどこにも書いてなくて。
住所検索したら、東京ラーメン跡にできた東麺房でした。
東麺房は先月からシャッター閉まってますが、何故店名を伏せていたのか今も謎です。


おお! マジックソープがこんなところで大特価!!
楽天で売り切れ続出のペパーミントが、
夏は人気No.1のペパーミントが、
送料なしで買えるとは!!
バッタモンじゃなかったので、これは買い!でした。
マジックソープは水で薄めて泡ソープの容器に入れると、濃密な泡のクッションで洗顔がラクチンです。
→ ※イケナイことだと知り、店内画像を削除しました。m(_ _)m(2013年6月27日)

アメ横の何が好きかって、海産物店の活気のよさ。
今は三陸のワカメがとれなくて、困ったアメ横の店員さんがテレビで放送されていたけど、
「安くするよ、千円でいいよ、買っていきなよ!!」といった、イヤミのないかけ声が大好き。
大きな鮭や鰻やマグロの切り身がデーンと置いてあって、見てるだけで元気になるし、
ついつい買ってしまっても、安いから後悔しないで済みます。
110805_1640~01.JPG
ビートたけしの本を読むと、デパート等の一流の店員は、不快感なく高級品をすすめてくるそうな。
ついついその気になって高い買物をしてしまうんだけど、もともと下町出身のたけし。
奥さんと話し合って、「もうあそこへ行くのはよそう」となるそうです。
映画監督で世界のキタノタケシ≠ニなった今は、
ブランド店で金ヅルみたいに扱われるのかもしれないけど、
一般人がアメ横へ行く分には、そんな心配はありません。
ただ、バッタモンには要注意。
3年前にはなかった、トッポギやホトックのお店(韓国の屋台)もあって、アメ横も時代を反映していました。

110805_1641~01_Ed.JPG
アメ横から上野駅へ向かう途中で発見、パンダうどん。
上野動物園のパンダにあやかって。
マスカラがよれてパンダ目になったキレイ女子の亡霊かと思った。

posted by 亀有夕子 at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内・近辺・小旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする