2012年09月18日

2012年08月31日

8月と12月の31日は名残りおしいものがある。


いよいよ8月も終わりです。
一昨年前の連続熱帯夜を思えばまだマシでしたが、今年もなかなかの猛暑でした。
夜勤明けに都心をウロつく仕事なんかすると、軽く熱中症の症状が出たりします。
気温34℃でも、熱を帯びたコンクリート・ジャングルはそれ以上の暑さですからね。
9月になってもこの暑さはしばらく続くそうです。
化粧崩れより命優先で、こまめに水分取りましょうね。

ところでこのブログ「亀有の夕日」について。
今月で一旦終了しようと思います。
亀有ネタがあればたまに更新するかもしれませんが、とりあえず私の中では オシマイ ” です。
なのでこれからは、「亀有の夕日」で検索して私のブログが一番先に出てこなくても気にしません!(笑)

相棒によると、かつて一番先に出ていた亀有住人の某ブログ(「コケカキィキィ」「コケカ日記」「コケカでいこう」)をDisったのは私だといいますが、そんなの知りません。
そもそも「Disった」なんて人聞きの悪い。
「アクセス数を追い越した」といってほしいわ。
(だけどコケカさん、北海道へ帰っちゃったのかしら。私はROMってばかりだったけど、一人暮しのリーマン日記はキツそうだったなぁ)


新しいブログ先ですが、まだ使い方がよくわからないので、慣れてきたら公表します。
じつは今、「無名のブロガー、一日0アクセス」が私にとってすごく新鮮なのです。
名も無き皆さんのおかげで「亀有の夕日」検索トップになれたのですが、
誰も見てない、見られることを意識しなくていい状態は、素に戻れる心地よさがあります。
知らぬ間に、太陽の眩しさで、必要以上に露出していた部分があったのかもしれません。

そういうわけで、ゆるやかな月の光をたよりにひっそりと更新していこうと思います。
しばらくは新しいブログで蜜月を過ごさせてください。
おりしも今日は満月ですし。


posted by 亀有夕子 at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

ハンズメッセへいこう!(北千住編)


ただいま東急ハンズでは、年に一度の情熱バーゲン開催中。(8/29まで)
ハンズメッセにいかなくちゃ!です。
質のいいもの、便利なもの、おしゃれなもの、めずらしいものが勢揃い!!

10:30の開場で駆けだす人もいた北千住店
マルイビルの7階フロアは、たちまちパニック映画のような盛況ぶり。(^^;
長蛇の列となる前に、手際よく会計していくレジ・スタッフたち。

殺気だつフロアで、途方に暮れてたオバアチャン
いいわ〜この庶民性が北千住店だわ〜!!(笑)
去年は最終日だったせいもあるけど、
銀座店メッセ?なにそれ」といわんばかりの静けさ。
お上品すぎてお祭り感がなかったもんなぁ。

120823_1116~01_Ed.JPG


でた!!
メイク落し・洗顔・洗体・洗髪・ハンドソープ・ペットのシャンプーなど、
万能ソープのマジックソープ、Lサイズ!!
定価3,990円 が 2,480円!!
楽天だとさらにその半額程度で手に入ります。(ボソッ)


120823_1102~01.JPG

特にこのペパーミントは今の季節にもってこい。
希釈してボディソープとして使うと、浴後の体感温度が−5℃!!
・・・と思うくらいにヒンヤリして気持ちいい!!
エアコンの温度を下げて眠れる爽快感!!
省エネで一石二鳥です。(^^)



ハンズメッセ防災非難セット(5,980円)には、紙皿やプラスチックのフォーク類が。
それなら自分で集められるんですよねぇ。
「必要だけど揃えにくいグッズ」を前面に出してくれたら買うんだけどなー
・・・とあきらめてたところに、楽天プライベートセール救急防災セットが!

【ラ0】##◎◎【タイムセール】【送料無料】累計6千個突破!全33種、50機能超『救急防災セットBS-101』★到着後レビューの約束でLEDランタン進呈!【2sp_120822_green】

こちらは防水防風対応マッチ多機能ホイッスル(方位磁石・温度計・LEDライト付)、
無煙キャンドルなど、個人で揃えにくい防災グッズが満載。
さっそく注文したところ、今日届きました。(はやっ)
ちょっとお値段は張りますが(6,980円)、たくさんのポケット付でリュックサックも使いやすそうです。


ハンズメッセがはじまると、そろそろ夏も終わりだなぁ。
このブログもそろそろ終盤です。


posted by 亀有夕子 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | これも北千住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

しあわせ


お気に入りの絵本は、岩崎書店の「あなたへ」シリーズ(レイフ・クリスチャンソン/文、にもんじまさあき/訳)
表紙カバーにはこのように記されています。

「この本はスウエェーデンで生まれました。
 日々の暮らしの中のささやかな、ちいさなちいさな感動を、
 見逃すことなく伝えてくれる・・・そんな本です。
 生きることがつらい時、そっと手にとってください。
 愛と希望と勇気と夢が、あなたの中にふくらんでいきますように」
(訳者)

しあわせ (あなたへ) [単行本] / レイフ クリスチャンソン (著); ディック ステンベリ (イラスト); Leif Kristiansson, Dick Stenberg (原著); 二文字 理明 (翻訳); 岩崎書店 (刊)


「あなたへ」シリーズの中から今日御紹介するのは、「しあわせ」。

しあわせってなに?
そんな問いかけに答えてくれる絵本です。
人によってそれぞれに “ しあわせのかたち ” はちがいますが、
「ああ、そうだな」と強く感じたページがこれ。


しあわせってなに
人気者になること

120814_2324~02.JPG

それとも
ひとりぼっちで悲しいときに
だれかが気づいて
心配してくれることだろうか

120814_2324~01_Ed.JPG

ディック・スティンベリ/絵


人気者じゃなくていいから、灯りをともしていたい。
大切な人の心を照らしていたい。
ホントの気持ちを伝えながら。



続きを読む
posted by 亀有夕子 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー(本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

スーザン・ケイン 「内向的な人が秘めている力」


さっきお風呂から上がったら、NHKで興味深い番組が。
おもしろくて最後までみてしまいました。
スーザン・ケイン 「内向的な人が秘めている力」
こちらをクリック


まず、「内気」「内向的」はベツモノなのだそうです。
内気とは、「社会に判断されることへのおそれ」
内向的とは、「社会的なものも含めて刺激に対してどう反応するか?」ということ。

そして、「内向的」の間逆にいるのは外向的な人たち。
外向的な人「多くの刺激を強く求める」のに対し、
内向的な人「静かで目立たない環境にいるほうがやる気になり、生き生きとして能力を発揮」するそうです。

「強い外的刺激を求めないのが内向的な人」ならば、まさしく私はそうでしょうね。
たとえば積極的に人と会うと、ものすごく刺激を受けてしまって、それを消化するのに時間がかかります。
いい刺激であれば、ゆっくりと自分の中に取り入れていきます。
「何度も反芻している」といいましょうか。

悪い刺激を受けてもそうです。
「今日はイヤな人と会った」と思う時は、すぐ帰宅しないで寄り道することもあります。
いくつものフィルターを通して、影響を受けないようにしてるのかもしれません。

ですから、頻繁に交流の場を設けると、消化不良を起こすんでしょうね。
ひどく疲れてしまいます。
私にとって、しょっちゅう外部と接触することは、飲み込むように食事してるのと同じ。
胃もたれしてしまうので、人と会うことさえ最少限に控えています。
仕事の時はいくらか自分を作っていますが、プライベートではそんなふうに過ごすのが一番低燃費。


私自身がこうですから、無口な自閉症(軽度)の人には親近感を持ちます。
健常者が思うよりずっと、彼らはダイレクトに刺激を受けてるんでしょうね。
だからパニックになりやすいのかな?

自閉症の人内向的な人の特徴と似ているところがあります。
静かな環境でその能力を発揮します。
先月はテレビで、自閉症の天才ピアニストが紹介されていました。
その人に限らず、卓越した能力を持つ自閉症の人は普通にいます。
10年前のカレンダーを記憶していたり、
「来年の○月○日は何曜日?」といきなり質問しても、百発百中の正解率。

内向的であっても外向的にふるまって、バリバリ仕事をこなしている人はたくさんいます。
だけど私は、内向的なままで暮らせることも、ひとつの贅沢だと思っています。
そしてその環境は、与えられるよりも自ら掴み取るのが一番。
自分にとってジャストフィットな環境を他者が用意できるとは限りませんから。

スーザン・ケインのトークで最も興味深かったのは、この言葉。

「 集団の中にいると、周りの人に影響を受ける。
 グループは、カリスマ的な意見に従ってしまう。
 話し方のうまさとアイデアの良さは関係ないのに。」


話し方がうまくても、中身のないバラエティ番組ならいくらでもありますもんね。



posted by 亀有夕子 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする